第28話 700キロを突っ走れ!

700キロを突っ走れ!
700キロを突っ走れ!

by Amazon

ストーリー

地球防衛軍はニトログリセリンの何百倍もの威力を持つ高性能火薬スパイナーを開発した。しかし、実験場に運ぶ途中に何者かの襲撃を受けてしまったので、今度はウルトラ警備隊が実験場までスパイナーを運ぶことになった。

ダンのアイデアが採用され、ラリーに紛れてスパイナーの運搬は行われることになり、そのラリー参加車にはダンとアマギが乗り込むことになる。

ラリー開始後、ダンとアマギが乗り込んだ車は様々な攻撃を受ける。敵は、スパイナーの運搬がラリーに紛れて行われることを把握していたのだ。

危険な任務の途中、爆破の恐怖にアマギは耐えられなくなる。子供の頃に近所にあった花火工場が爆発し、人も家もバラバラになったところを目の当たりにしたことがトラウマとなり、アマギは爆発を極度に恐れるようになっていたのだ。

しかし、敵の様々な妨害・攻撃に遭いながらもアマギは、ダンとともに危険な任務を全うし、スパイナーの実験場に辿り着く。しかし、アマギとダンが運んでいたのは実はダミーで、本物のスパイナーは別の車によって運ばれていた。

スパイナーの実験が開始されようとしていると、突然、そこに恐竜と戦車が一体化された怪獣が現れる。

ダンはウルトラセブンに変身し、恐竜戦車と戦う。そして、スパイナーを爆発させて恐竜戦車を吹き飛ばした。

ウルトラセブン 第28話『700キロを突っ走れ!』の謎

キル星人はウルトラ警備隊がラリーに紛れてスパイナーを運搬することをなぜ知ることができたのか?

ウルトラ警備隊がラリーに紛れ、スパイナーを運搬することを敵=キル星人は、最初から知っていて、様々な妨害を仕掛けてきましたが……キル星人は、なぜウルトラ警備隊がラリーを利用することを知っていたのでしょうか?

スパイナーを航空機で運搬しようとした時もキル星人は、そのことを事前に知っていたようですので、地球防衛軍の情報がキル星人には筒抜けになっていたとしか思えません。

もっとも、ラリー参加車が運んでいるのが実はダミーという事まではキル星人にも知り得なかったようではありますが。

キル星人がスパイナーの実験を妨害しようとした理由は?

恐竜戦車が現れると、ウルトラ警備隊の隊員たちは、それが敵の動く要塞だと考え、敵がスパイナーの実験を妨害しようとしたのは、実験場に敵の動く要塞=恐竜戦車があった(いた?)ためだと納得していました。

でも、本当にそうだったのでしょうか?

スパイナーの運搬を妨害している間に恐竜戦車をどこかに移動させることはできなかったのでしょうか?

それにそもそも地球防衛軍が新兵器の実験場にするような場所に動く要塞を設置(?)してしまうのがヘンですよね。

ラリー参加者で犠牲になった者への賠償はあったのか?

ダンとアマギが乗る車を狙って仕掛けられた地雷にかかり、犠牲になったラリー参加者がいましたが……遺族に対して地球防衛軍から賠償金が出たりはしたのでしょうか?

ウルトラセブン 第28話『700キロを突っ走れ!』の謎への推察

地球防衛軍内にスパイが潜入していたのか? 盗聴が行われていたのか?

キル星人のスパイが地球防衛軍内に潜入していたか、あるいは、極東基地の作戦室などの盗聴が行われていたか、そのどちらかである可能性が高いのではないでしょうか。

しかし、結局、ウルトラ警備隊は、まず味方(ダンとアマギ)を欺くことによって、敵(キル星人)までを欺いたわけですから、マナベ参謀やキリヤマは地球防衛軍内にスパイがいる可能性・盗聴が行われている可能性までを考慮して動いていたということになりますね。

地球に来てから動く要塞を完成させたら、その場所が運悪く(!?)スパイナーの実験場だったということか!?

キル星人は地球にやって来て動く要塞をせっかく完成させたのに、その要塞の隠し場所で地球防衛軍がスパイナーの実験を行おうとしていることを知って、慌ててそれを妨害したということなのでしょうね。

もし、ダンが巨大な怪獣をカプセルに入れて携帯しているのと同じようにキル星人も恐竜戦車をミクロ化してどこかに移動できれば何ら問題はなかったのでしょうが、残念ながら、そんなテクノロジーは持ち合わせていなかったためにスパイナーの実験を妨害せざるを得なかったわけでしょう。

犠牲者への賠償はなかった可能性もある

ウルトラ警備隊が、ラリーを利用してスパイナーの運搬を行ったためにラリー参加者が犠牲になったことが公になったら、地球防衛軍は責任を問われることになったでしょうね。

そのために地球防衛軍が、スナイパー運搬にラリーを利用したことを秘密にし続けたとしたら……犠牲になったラリー参加者に対して地球防衛軍から賠償が行われることもなかったはずです。

ラリーがスパイナー運搬に利用されることがなかったら、彼らが姿勢になることはなかったはずなのに……ヒドい話だと思いますが。

続けて各話研究 第29話『ひとりぼっちの地球人』のページをご覧ください

※当サイトの内容の無断転載・無断使用を固く禁じます


このページのトップへ

トップページへ