「神なき知恵は知恵ある悪魔をつくる」というキリヤマの言葉

空間X脱出
空間X脱出

by Amazon

キリヤマが疑似空間を脱出した際に言っていた印象的な言葉

第18話『空間X脱出』でベル星人が創った疑似空間を脱出した際にキリヤマ隊長は「疑似空間を創り出すなんて恐るべき宇宙人だ」と言った後に続けて

「みんな こんな言葉を知ってるか? 神なき知恵は知恵ある悪魔をつくることなり どんな優れた科学力を持っていても奴は悪魔でしかないんだ」

と言っていました。

神なき知恵は知恵ある悪魔をつくることなり』とは非常に印象的な言葉ですが、「こんな言葉を知ってるか?」と訊かれてもほとんどの人は知らない(『ウルトラセブン』の熱心なファンはキリヤマ隊長の言葉として知っていますが)この言葉の元となったのは誰の言葉なのでしょうか?

玉川学園創始者の「神なき知育は知恵ある悪魔をつくることなり」という言葉

幼稚部から大学までを擁する玉川学園の創始者・小原國芳氏(1887年~1977年)は『神なき知育は知恵ある悪魔をつくることなり』という言葉を遺しています。

そして、この言葉は玉川大学8号館の入口に現在も黒御影石に刻まれ掲げられているようです。

「人間至上主義、科学万能主義の考え方や教育は人の姿をした悪魔をつくってしまるのではないか」    

「科学誌術を学ぶ者も人を超越した存在を知り、神を畏怖する心を持った人でなくてはいけない」

という小原國芳氏の強い思いと願いが、この言葉には込められているようです。

金城哲夫氏の母校は玉川学園

『空間X脱出』の脚本を執筆されたのは金城哲夫氏ですが……コアなファンの方ならご存知だと思いますが、『ウルトラQ』『ウルトラマン』『ウルトラセブン』という作品で金城哲夫氏が果たした役割は、脚本の執筆だけではありませんでした。

円谷プロダクションの企画文芸部の主任というポジションにあった金城氏は『ウルトラQ』『ウルトラマン』『ウルトラセブン』の企画を立案し、さらに自身で脚本を執筆されるだけでなく、他の脚本家たちの執筆した脚本のチェック・改訂や監督のローテーションを決めるなどの監修・シリーズ構成もしていました。

ですから、金城氏なくして『ウルトラマン』も『ウルトラセブン』も存在し得なかったと思われます。

そんなまさに『ウルトラマン』『ウルトラセブン』をつくった男たちの中心にいた金城哲夫氏は沖縄の出身ですが、高校(高等部)から玉川学園に入学し、玉川大学文学部を卒業しています。

これは、玉川学園創始者・小原國芳氏が沖縄で講演を行った際に贈った図書の一冊を金城氏の母親が知人から借りて読んだことがきっかけとなったようです。

中学を卒業して、すぐに親元を離れ、当時は行き来するためにパスポートが必要だった沖縄から上京した金城氏が、高校、大学時代を過ごした玉川学園の理念や校風に強い影響を受けたことは想像に難くありません。

金城氏がキリヤマに『神なき知恵は知恵ある悪魔をつくることなり』と言わせたのは、自らが学んだ玉川学園の創始者・小原國芳氏の『神なき知育は知恵ある悪魔をつくることなり』という言葉が、その胸に深く刻まれていたためだったのではないでしょうか。

小原氏の言葉の起源となったのはナポレオンを打ち破ったイギリスの軍人の言葉!?

なお、小原國芳氏の『神なき知育は知恵ある悪魔をつくることなり』という言葉の起源となったのは『宗教なき教育はただ利口な悪魔をつくる』という言葉ではないかと言われています。

この言葉は、有名なワーテルローの戦い(1815年)でナポレオンを打ち破ったイギリスの軍人アーサー・ウェズルリーが遺したものです。


※参考資料 山田輝子著『ウルトラマン昇天ーM78星雲は沖縄の彼方』朝日新聞社

【2018年1月15日】

続けて作品世界多角的研究19『ウルトラセブンは夜に戦うことが多かった!?』のページをご覧ください

※当サイトの内容の無断転載・無断使用を固く禁じます


このページのトップへ

トップページへ