サブタイトルから想像される『ウルトラセブン』ではない物語

S.H.フィギュアーツ ウルトラセブン メトロン星人 約170mm ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア
S.H.フィギュアーツ ウルトラセブン メトロン星人 約170mm ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア

by Amazon

『ウルトラセブン』のサブタイトルから想像される物語

ウルトラセブン』各話につけられたサブタイトル=エピソードタイトルは文学的であったり映画的であったり、とにかくセンスがいいモノが多いですよね!

そこで、今回は、『ウルトラセブン』各話のサブタイトル=エピソードタイトルからどのような物語が想像されるかを勝手に考えてみました。

もしも、各話のサブタイトル=エピソードタイトルが『ウルトラセブン』のサブタイトル=エピソードタイトルではなく、小説や映画のタイトルだったら……その小説や映画は、こんな物語になるのではないでしょうか。

勝手に考えたサブタイトルから想像される物語

『湖のひみつ』

湖畔で起こった連続殺人事件の謎を名探偵が解明するサスペンスミステリー

『消された時間』

巧妙なトリックによって作られた「消された時間」の中で起きた殺人事件の謎に刑事たちが挑む社会派ミステリー

『ダーク・ゾーン』

誰の心の中にも潜んでいる闇の部分が起こしてしまう悲劇とは…

『怪しい隣人』

隣室に住む住人は信じられないような裏の顔を持っていた!

『闇に光る目』

暗闇に潜み、犯行を繰り返すサイコパスの犯罪者の視点で描かれる問題作

『プロジェクト・ブルー』

医学界と製薬会社が組んだプロジェクトが生み出した癌治療薬の裏に隠された底知れぬ闇とは…

『人間牧場』

若く美しい女性たちが誘拐され、家畜=性奴隷として飼育されていた!! 家畜とされた女たちに希望はあるのか!?

『明日を捜せ』

希望の見えない日常に嫌気がさしていた中年男の人生が、ふと訪れた酒場で不思議な女と出会ったことによって変わっていく

『北へ還れ!』

故郷である北国を捨て、東京で暮らしていた男のところに何年かぶりで故郷から連絡が入った事から始まるヒューマンドラマ

『ひとりぼっちの地球人』

会社では仕事をソツなくこなし、家庭では良き夫、良き父を演じていた男は、実は常に孤独感に苛まれていた

『悪魔の住む花』

銀座の高級クラブで繰り広げられる悪魔のような女たちの物語

『あなたはだぁれ?』

過去の記憶を失っても前向きに生きる女と社会的名声を持ちながら、自分に対して否定的な男の人生が交錯する


以上、勝手に妄想してみました。

こんなの「考察」でも「研究」でもないですけれどもね。スイマセン。

【2018年5月13日】

続けて各話研究 第1話『姿なき挑戦者』のページをご覧ください

※当サイトの内容の無断転載・無断使用を固く禁じます


このページのトップへ

トップページへ